日々、私はうねり取りを実践しており、これまでにうねり取りに関すると思われる本は、だいたい読んできた。

それらの本を読んで思うことは、うねり取りの基本はどの本を読んでも同じで、その基本を理解した上で自分がどのように実際の株価のうねりを取っていくか、そこに尽きるということである。

さらには、うねり取りに関する様々な本があるが、うねり取りの基本の知識は、林輝太郎先生の諸文献から始まっているかのごとくである。

うねり取りに関する文献には多かれ少なかれ林輝太郎先生の諸文献ですでに言及されていることが多々ある。

うねり取りは真っ当な相場師が昔から行っているトレード手法であるが、それについて具体的に書いた本は、林輝太郎先生をもって嚆矢とすべきかもしれない。

うねり取りの基本を知りたければ、林輝太郎先生の諸文献は一度は目を通しておくべきであろう。

スポンサーリンク