トレード手法の1つにうねり取りという手法があるが、その手法についてトレード初心者にも分かりやすく、とても丁寧に解説をしてくれているのが次の本である。

「株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業」
相場師朗、ぱる出版、2016年

うねり取りといっても、うねり取りをしている人ごとに株価のうねりの取り方は様々で、この本でのうねり取りの方法はその中の1つと言える。

伝統的なうねり取りの本では、移動平均線の話は出てこないのであるが、この本でのうねり取りは移動平均線を積極的に利用してうねり取りを行うものである。

移動平均線は、現在から過去を振り返って眺めると、とてもよく機能しているように見えるが、基本的には現在の株価に遅れて動くため、その利用については人それぞれに思うことがあろうかと思う。

しかし、このような移動平均線を活用したうねり取りもとても面白くあり、この方面のさらなる研究に期待したい。

この本でのうねり取りをあえて言うならば、現代版うねり取りとも言えるもので、うねり取りに関心があるならば、ぜひ一読をおすすめしたい1冊である。

スポンサーリンク