何か新しい投資に関係する本がないかと、先日、ネット書店をあれこれみているときに見つけたのがこの本である。

「まちの相場師 天才投資家たちの思考回路」
岡西日出夫、幻冬舎ルネッサンス、2013年

この本は小説のような形で相場に関する小話がいくつも掲載されている。

各話に登場する個人投資家は、この本の著者が元証券マンであることを考えると、ひょっとしたら実在する人物ではないかと思われるが、どの話においても相場で成功している人の秘訣が語られる。

その秘訣については、実際にこの本を読んでのお楽しみということで、私が言えることは、その秘訣は、現代の相場においても十分に通用するものと思われる。

実際、私も日々相場を張っていて大勝はしないけど、こつこつ利益を積み上げる努力をしているが、その張り方はこの本に登場するまちの相場師たちと結構似ていて驚いた。

相場から利益を上げるこつは、今も昔も変わらないんだなあと感心しきりだった。

最近は1日で取引を終えるデイトレードが脚光を浴びたりするけど、古典的な、地味なトレードであっても、相場から利益を上げ続けることができるならば、手法なんて、なんでもよく、デイトレードが苦手なら、短期で利益を出そうとは思わず、この本の登場人物のようにトレードするのも大いにありなんではないかと思う。

スポンサーリンク